地図

今では、Google MapsやMapFanといったウェブ・サービスを利用すれば、詳細な地図が手に入るようになりました。しかし、それはあくまでデータとして、情報としての地図に限定されます。
こうした一般的な地図に対して、全く別の側面と価値を持つのがイラストマップです。イラストマップが利用される代表的な例として、観光マップが挙げられます。旅行先に到着した観光客が必要としているのは、これから見物する建物や娯楽施設などです。詳細な道の配置や地名は必要としていません。詳細なデータや情報よりも、分かりやすさや、ぱっと見た感じのビジュアルイメージを欲しています。そのニーズに最も適した形で提供されるのがイラストマップです。
Google MapsやMapFanで手に入る地図は、実際の地形や地名に忠実に作成されており、利用する人を特定しません。これに対して、利用者を想定し、そのニーズに特化した地図がいくつか存在するわけですが、文字通り「イラスト」を使い、利用者にとって価値の高い地図として作成されたのがイラストマップと言えます。
イラストマップの中には、一般的な観光マップの他にグルメマップや公園内地図のように、よりターゲットを明確にしたイラストマップも存在します。その他、利用者は大人か子供か、また日本人なのか外国人なのかというように、より細かに利用者を想定して作成・制作されることもあります。いずれにせよ、こうしたイラストマップは、Google MapsやMapFanのようにデータベース的に利用するものではなく、個別のオーダーに対してデザイナーが制作するものであり、固有の価値を持ったものと言って良いでしょう。
http://www.chizu-seisaku.com/illust-map/index.html