海遊びとサンダル

海遊びと聞くと1番に「海水浴」が思い出されます。夏になれば「海に行こう!」と言う声もよく聞きます。みんなで砂浜で遊んだことも夏の思い出の1つです。そして、海には「マリンジェット」や「スキューバダイビング」などのマリンスポーツがあります。免許が必要になる為、準備が必要ですが、「シュノーケリング」であれば、マスクやフィン(足ヒレ)を用いても十分楽しむことができます。
また、「サーフィン」や「ボディーボード」などはプロボーダーがいるほど本格的なマリンスポーツですが、波を使っての遊びはお子さんでも楽しむことができるようです。親子でサーフィンスクールに通う家庭もあるようで、自然環境を守る事が学べるそうです。
サンダルも同じ。
家族そろって出来る海のレジャーとして「潮干狩り」も人気があります。小さいお子さんでも楽しむことができ、まだ海に入れない季節にも、良い海遊びとなるでしょう。そして、季節を問わず防波堤では釣りが行われています。船を借りて沖で行う「沖釣り」などは海遊びの極みでしょう。
しかし、海は川と違い危険は倍になります。沖に出てしまうと1人の行動が周囲を危険にさらす事にもなります。海辺も安全とは言えません。海には干潮と満潮があります。少し間違えると小さな子供は巻き添えになります。「サーフィン」「ボディーボード」も同じで、出来るからと安心しないで下さい。大けがをしたとよく聞きます。海遊びは楽しいですが、リスクも同時に知る必要があります。特に幼いお子さんを海で遊ぶときは注意です。また、禁止区域で釣りをする人もいるようです。ルールは守りましょう。