DNA鑑定

遺伝子の本体として生物の核内に存在する物質である。
DNAとは生物が持つ遺伝情報を担う主要因子である遺伝子の本体として、核内に存在する物質です。遺伝子の本体であるDNAは、糖、リン酸、塩基の3つの要素で構成されていますが、この塩基は更にアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という4種類の塩基で構成されます。この4種類の組み合わせが遺伝情報となり、その組合せが個人によって違うことに注目したのがDNA鑑定です。
http://www.ks110.com/
DNA鑑定では一卵性双生児を除いて同じ組合せを持つ別人だと判断される確率は4兆7000億人に1人の割合だと言われており、世界的に確立した鑑定方法となっています。日本の犯罪捜査においてDNA鑑定の応用は、データベース化されたのが最近ということもあり、現在DNAで個人を特定するのは不可能に近いようです。しかし、容疑者の絞り込みや死体の身元確認など、多くの目的でDNA鑑定が行われています。
http://www.galu-agency.com/
DNA鑑定は親子の血縁関係を調べることにも用いられており、民間にも専門の鑑定会社が多数あります。子供は両親のDNA を二分の一ずつ引き継いでいるので、塩基配列を調べることによって、親子である場合は99%以上の確率で肯定し、親子でない場合は100%の確率で否定します。鑑定結果は子供の認知請求や嫡出避妊などの裁判にも用いられています。DNA鑑定は通常のケースで数万円から十数万円で依頼できるそうです。
鑑定の為のサンプル採取は、唾液(口腔内粘膜)や血液で行われることが多いようです。勿論へその緒や爪、髪の毛、唾液の付いたタバコ、羊水等からでもDNA鑑定は可能です。ただ、DNA鑑定はまだまだ見解の余地が残されているという声もあるようです。
大阪のクローバー法人調査部http://0120669680.com/